タイヤを組み換えしたいなら注目|費用を抑えるヒント

ローテーションの重要性

タイヤ

五千から一万キロが推奨

車のタイヤの寿命は走行距離にして三万キロから四万キロと言われています。しかし実際にはそれ以上の距離を走行する場合が多いと思います。アスファルトの上を走行している訳ですからタイヤの摩耗は避けられませんが、タイヤ交換するにしてもお金がかかりますからなるべく長持ちさせたいところです。愛車のタイヤを長持ちさせるためにはタイヤの前輪と後輪のローテーション、いわゆる組み換えを行うことです。組み換えをなぜ行うのかと言うと、前輪と後輪は摩耗する箇所が違うからです。前輪はショルダー部分が、後輪はセンター部分が摩耗しやすくなります。車は直進だけではなくコーナリングすることがありますからコーナリングをするたびに前輪の負担が大きくなるのです。そのため前輪の摩耗が大きくなるのです。タイヤの組み換えのタイミングは五千キロから一万キロが望ましいと言われています。期間的には半年から一年と言われています。組み換えのタイミングが短いので大変かも知れませんが、タイヤを長持ちさせるためにも組み換えはこの間隔で行うことです。一般のドライバーがタイヤ組み換えを行うのは大変なのでショップ等で依頼すると良いでしょう。ローテーションの料金相場としてはタイヤ交換500円×4本で計2000円だそうです。これくらいであればそれ程負担にはならないと思います。また新車で購入したディーラーであれば一定期間であればローテーションを無料で行ってくれることがあります。無料で利用できるならば利用できるところで行うことです。